スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>肝臓が育ち、その日もまた鷲に

>ユダヤの神=プロメテウスの正体
>ゼウスの反対を押し切り、天界の火を盗んで人類に与えた存在として知られる

>ギリシャ神話の神様って皆揃いも揃って拷問されまくりだよな

>プロメテウスの入知恵により“賢くなりすぎた人間たち”には
>『パンドラの匣』で見ましたように、罰として「諸悪の根源」を与えたのでした

>そして次にゼウスは、「プロメテウスはどう罰してやったらいいものか?」と思案します
>「あの野郎、何かオレの弱みを握っているらしい」
>ゼウスはそこに一抹の不安があり
>プロメテウスの好き勝手し放題を手をこまねいていたのでした
>しかし事「天上の火」(『プロメテウスの火』)まで盗まれてしまったとあっては
>もう我慢も限界です

>ついに堪忍袋の緒が切れてゼウスは、断固制裁の手段に出ます
>権力の神クラトスと暴力の神ビアに命じて
>知恵の神プロメテウスを捕まえさせ、人類未踏のこの世の果てまで連れていかせたのです

>その地でプロメテウスは磔(はりつけ)にされ、その胸に杭を突き刺され
>その杭には一羽の鷲(わし)が止まっています
>鷲はプロメテウスの肝臓を啄(ついば)むのです。一日かけて食い荒らすと
>次の日にはまたプロメテウスの中に新しい肝臓が育ち、その日もまた鷲に突かれるのです
>来る日も来る日もその繰り返しです。
>こうしてプロメテウスは、永遠の責め苦を味わわなければならなくなったのでした

>ルシファーとプロメテウスはエンキだった
スポンサーサイト

>地域によっては先史時代の水準にまで後退

>ローマ帝国は衰亡し崩壊したというのが常識だった
>ところが一九七〇年代以降、研究者のあいだでは
>宗教や社会に着眼することで、「衰亡」とみなされてきた時代を独自の価値を持つ「古代末期」という新しいポジティヴな時代と捉え直す動きが起こった
>さらに九〇年代になると、考古学的史料を用いて、ローマ帝国はやはりある時点で「崩壊」したのだという事実をつきつける研究者があらわれた
>ウォード=パーキンズもそのひとりであり
>「ゲルマン民族が侵入してきたとき、経済や社会に何が起き、人びとの暮らしはどう変化したのか」を
>陶器・家畜の骨・建築物(の跡)などを使い
>史学・考古学双方の研究を駆使して描き出している。ローマ帝国の洗練された生産・流通システムがひとたび崩壊してしまうと
>地域によっては先史時代の水準にまで後退し、回復には数世紀を要したという事実は、かなり衝撃的である

【伊勢と、龍と、鶏と、イエスと、復活と、不老不死の島】?

(神道と、キリスト教とは、ひとつのようかで…?  ※…おさらいかで、シュメールよりも前の神を表す文字には磔刑の形がかに預言なのか後代紀元に其れを模したか…?)

籠の中の鶏‥‥籠が龍を封印する意味なら、龍(恐竜)は、鳥(又はカラス、⇔又は梟)系のだかするかと…?(そもそも烏と鳥と島は似ているかだが)?    ごくふるい鳥居の門(生誕)…???  (因みに“恐竜時代”に人類は共存かで)??

復活とは‥‥“秦氏の始皇帝”が、徐福を派遣して“不老不死の仙薬”を探させて、辿り着いた常世島(←不老不死的な意味かして‥‥冠島)で、黒茎の蓬(くろくきのよもぎ)や九節の菖蒲(しょうぶ)を見出したかだが‥‥
実際には…かで元伊勢(丹後一宮)籠神社(このじんじゃ)の海の奥宮は、立ち入り禁止とされているかに海底遺跡(祭壇か‥‥??)があるとのだかして…?
>彦火明命が最初に天降ったと伝えられる冠島があるが、この島の事を国宝海部氏系図では、一名を常世島、又は息津島とも云うと出ている  >オオシアマのオキツシマ

>天橋立から東北の方へカメラを振ると常世島(冠島)が見える

>籠神社奥宮の真名井神社は、社殿の後ろに天照大神出生の日之小宮と伝えられるイザナギ大神・イザナミ大神の磐座があり  この件続くかで…?

  ‥‥  ‥‥

>伊勢神宮のご神獣は「鶏」とされています。 遷宮の際に、宮司が鶏の鳴き声を3回行なうという「常世の長鳴き鳥」の儀式が行われることは、よく知られているところです

>キリストは「鶏が鳴く前に私を三回知らないと言うだろう」とペトロに言います

>伊勢神宮の内宮の地下に聖櫃アークとともに、キリストの血が付いた”聖十字架”が発見された

>20年ぶりの伊勢神宮式年遷宮の段取りで出入りしている関係者の証言

>伊勢神宮の伊勢とは「イエス」の意味だと思われます

>イエスキリストの「イエス」も同様に「神の救い」を意味することから、イエスキリストを「イサ」と呼ぶ国もあります

>元伊勢を含め、伊勢神宮で祀られている天照大御神とは、神代のアマテラスのことではなく、イエス・キリスト

>ニギハヤヒこそがイエス・キリストである

>伊勢神宮には三種の神器が奉納されているという噂

>日本に渡来した原始キリスト教徒(秦氏)によって、ソロモンの神殿が建設された

つまりかで‥‥原始キリスト教徒は、ロスチャイルド(秦氏)…ということになりうるかでしょう…どうする…?

  ‥‥  ‥‥

>倭武天皇皇妃 尾張国造之祖 宮簀媛命宅址と彫られていました。驚いたことに、日本武尊が天皇で宮簀媛命は尾張国造の祖と言う立場で記載されています

“訂正”‥‥「周囲にいう」は(→)、「周囲にいいうる」の誤りだった様です‥‥??



  ( ※全て…誤記等御容赦 )??

>数時間かけて変身

身長:2メートル
体重:200キログラム

金の亡者
である小学高学年で「ガキ大将」の少年・加根田金男が、偶然見つけた30円位の硬貨の音がする不思議な繭に引き込まれ、数時間かけて変身
した怪獣

カネゴンとは、金男が繭を拾った日の晩に、金男の両親が金男に忠告した際に、「人の落としたお金を黙って拾ったりするとなる怪物」として話す空想上の存在である。両親はこのままではカネゴンになると忠告するが
金男は「そいつは頼りになりそうな動物」と笑って応えない様子だったが、この直後、金男は本当にカネゴンに変身を始めてしまったのである。恐怖と興奮の頂点の中で一晩かけて変身し、翌朝、夜明けと共に誕生したカネゴンは驚いた両親を背に家を飛び出して、友人達を巻き込む騒動を起こしていく

外見は、がま口と妊婦からデザインされた奇妙な容姿。頭部は一見カエルのようで、口はファスナーの歯が付いたがま口で大きな舌があり
その下にはそばかす状の黒い粒々模様がある。頭にあるとげは相手に馬鹿にされないように強く見せるもので、目は細長く飛び出ていて、垂れてぎらついた目玉からは悲しい時とうれしい時は涙がこぼれ落ち、怒ると煙を噴出する

10キロメートル先まで見え、額の大きい金はさらによく見える。胸にはレジスターが付いていて、その中身はコイン鑑定臓でコインの本物と偽物を見分けることができ、臓の鑑定液で見分けた後、本物のコインから金属エネルギーを吸い取る

それと同時に鑑定神経の作用でレジスターを動かし、食べた本物のコインの量によりレジスターの数値が上がり、カネゴンの活動エネルギーに変換される。偽物のコインは選り分けられたのち、鑑定臓のそばにある分解臓ではねられながら分解される
食べた本物のコインは腹部のコイン袋に貯蔵され、10円硬貨ならば1千万枚貯める事ができる

足の甲には2つのボンボンがあり、地面を踏む度に光りだす。全身は銅でできた鎧をまとったような姿形(火星人と形容される)で尻尾にはぎざが付いてある容姿である。性格は少年の時とうって変わって気が弱く、変身前はガキ大将として子供達のリーダーに君臨していたが、変身後は子供たちのグループの中で一番の下っ端にされる

主食は硬貨とお札。1日に必要な額は3,510円(当時)
胸のレジスターのカウンターに体内の金額が表示され、それがゼロになると死亡するので、金を食べ続けるが、カネゴンに与えて金がなくなった友人たち(彼らもかなり金に意地汚い)に売られそうになって逃げ出し、ついに銀行の金を食らうに至る

騒動の末に、祈祷師から、子供達の天敵である工事現場監督(ヒゲオヤジ)を逆立ちさせるともとの人間にもどれるいうかなり無茶な予言を受け、実行したところ、カネゴンは尻から火を噴きロケット化して飛び去って行き、上空からパラシュートと共に元の姿に戻った金男が降りて来る

しかし、喜んだ金男が帰宅すると、カネゴンが数時間前に銀行で喰い残した小銭を拾った金男の両親が、2人ともカネゴンと化していた。カネゴン達に逃げられた両親が家に戻った直後、小銭を黙ってネコババした影響で変身してしまったのである
照れ笑い合う二匹のカネゴンを見た金男は呆れと共に目の前が真っ暗になり、たくさんのカネゴンが描かれたイラストが出て終わる

>ウィキペディア  >http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

>カネゴン  >http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%B4%E3%83%B3

>テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください  >Terms of Use/ja  >< Terms of Use  >(Redirected from 利用規約)
>http://wikimediafoundation.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%A6%8F%E7%B4%84
>Wikipedia:Text of Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License  >http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Text_of_Creative_Commons_Attribution-ShareAlike_3.0_Unported_License  >プライバシー・ポリシー
>http://wikimediafoundation.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC


  ( ※全て…誤記等御容赦 )??
革命オウ王国革命
最新記事
プロフィール

オウ王国

Author:オウ王国
  ‥‥
類似のオウ王国(ニコゲー系)に御注意…?



この文明は悪に支配されてきた筈で全体に遣り直すしかないでしょう

対象読者‥‥狭くなりましょうかですみません、これからは世界を根本から変える必要があると思う人か、世の中がいやでいやで堪らない人としか深く関わらずに生きられたらと思います、この世界は知れば知るほど出鱈目なようで‥‥それと唐突かもしれませんが、得点(ごーる)って意味が無いと思うのですか…
そこそこ長く生きて、両親を失って、恋人と別れるようなことがおきて‥‥いちおう異性を卒業できたなら寧ろ怖い物なし(苦笑)かで、この歳までは生きられて感想は何かといいますと、失礼乍らたいした奴は殆ど居なかったということかな、頭の良い(狡賢い…???)人なら大勢おられるかと思いますが(?)

老い先短くならば、お迎えに乗るのは、この世界の、様々な“常識の破壊”を済ませてからかでしょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。